犬との生活

犬が便秘になったら!愛犬の便秘解消法を調べてみたよ

我が家の愛犬はなこが便秘ぎみで、うんちの量が極端に少ないので心配になってネットで調べてみました。

基本、気になって調べると「大丈夫です。」って書いてあるわけはなく

調べれば調べるほど不安になってくるんだよね・・

シニアになるといろいろと不具合が出てくるのは飼い主と同じだけど

今後のためにも『犬の便秘』について覚書です。

犬の便秘は万病の元と言われている

便秘が原因で大病になることもある。

これは人間も同じですよね。長らく腐敗物が腸内にとどまっているわけなのでいいはずがありません。

人間も便秘になると辛いけど、犬も便秘になると踏ん張ってるのに出なくて辛そうで、見ていてもかわいそうなものです。

言葉がしゃべれないだけに毎日のうんち回数や形、状態などチェックして異常がないか早めに気づいてあげましょう。

犬の便秘は何日でないと心配すべき?一日の回数は?

 

  • 一日のうんち回数は?

犬の個体差はあるが、平均して成犬で一日に2回程度(子犬はもっと多いです)が健康な状態。

  • 何日出ないと便秘?

うんちが2日間、出ないと便秘といえます。いつもより硬かったり、細かったり、量が少なかったりする時もよく注意して観察しましょう。

うんちは出てもコロコロと固いうんちや、いつもより量が少ない日が続くような時も便秘予備軍ですので注意が必要です。

3日間便が出ない状態が続き、元気がないなどいつもと違う様子が見られたら直ちに動物病院に連れて行くことをおすすめします。

飼い主として、愛犬がいつうんちしたか、回数は?状態はどうか必ずチェックしておきましょう。

愛犬が便秘になる原因として考えられることと便秘解消法

犬が便秘になる原因の大きなものに、食事が関係しています。

当然ですが食べたものが消化され、栄養にになって分解され、うんちになりますから、愛犬の口にするものは飼い主さんが十分に注意して選んであげたいものです。

質の悪いドックフードは便秘になるだけではなく体全体に悪い影響を与えます。

ドッグフードが合わないで体調を崩すことによる便秘

 

添加物や防腐剤が大量に入ったドッグフードの場合、下痢や便秘といったうんちのトラブル(現状のフードにはウンチを固めるような薬を使っていることも多いので一概に固めがいいとは思えません)はかなりの確率で現れます。

コーン、小麦、大豆、米など、穀類の消化が苦手な犬に穀類を使ったフードを与え続けると常に消化不良状態にありますし、低品質のドッグフードには、粗悪な原料や油、添加物がたくさん含まれているので犬の健康によいわけはありません。

主にドッグフードを与えている場合は、ドッグフードを変えてみるとよいでしょう。

ドッグフードを買う時は、成分表示や質をよく調べること、愛犬の健康を考えると、体の害にならない、健康に良いドッグフードを選んであげたいものです。

美味しく食べて、きちんと出すということは愛犬の健康にとても大切なことです。

水分量が足りなくてに便秘になる

カリカリのドッグフードだけであまりお水を飲まない犬の場合は、ドッグフードにお湯を少しかけるなどして、水分を摂らせるように工夫してあげてください。

ウンチを作るのにも水分が必要です。水分不足からうんちが出にくい場合とても苦しいものです。

生野菜、キュウリやトマト、ササミや魚を煮た出汁を薄めてあげると、喜んで水分を摂ってくれる場合が多いです。

うんちがかたいようなら意識して水分を補給してあげてください。

運動不足による便秘

ドッグランなどで走り回ったりするとウンチが出やすくなります。

いつもより、散歩時間を長くしてみる、運動をして腸の動きがよくなることで便秘の解消につながります。散歩の距離を増やしたり、早歩きかジョキングで行くようにしたら、出るようになったりします。

腸の働きが活発になるよう、運動量を増やすことと遊んだあとは水分を十分に与えることが改善・予防につながります。

ストレスによる便秘

何らかの精神的なストレスが便秘を招くこともあります。

環境の変化、引っ越しや、トイレの変更、雨続きで散歩に行けない、などが考えられます。

自律神経系は腸の蠕動運動をつかさどってるのでストレスの影響を受けやすく犬にとって居心地の良い環境を作ってあげることはとても大事です。

食欲がなくて少食になっている

もともと食が細い犬の場合、さらに夏バテや体調をくずして食欲がなくなった時は便が作られませんので1、2日便が出ないこともあります。

愛犬の全身の状態が悪いわけでなく、単に「最近、便秘気味かな?」という場合は、うんちが出ないことはさほど問題にはなりません。

むしろ食欲がなくなった原因を探がして、改善してあげる必要があります。ストレス(環境)や運動不足がないか、見直してみましょう。

犬の便秘に効く食べ物

 

愛犬が便秘で踏ん張ってもなかなか出ない姿はかわいそうですよね。人も便秘になると、食べ物を工夫したり、お腹に良いものを取り入れたりしますが犬にはどうなのでしょうか?便秘解消に効く食べ物、食事についてまとめてみました。

  • ヨーグルト

発酵食品でもあるヨーグルト、ヨーグルトの乳酸菌も腸内環境を整える働きがあるため、愛犬の腸内に善玉菌を増やしてあげられるでしょう♪

  • オリーブオイル

蠕動運動を促すオリーブオイル、主成分の「オレイン酸」は、腸また、便の表面がオイルで覆われるので排泄しやすくなる効果も期待できます。

  • 無塩バター

少量なめさせるのも便秘が解消されると言われています。これらに含まれる油分がお腹を刺激し、腸管の潤滑油としての働きもします。

  • オリゴ糖

お腹の善玉菌を増やす効果があります。腸に有用な善玉菌を増やし、腸内環境や腸の働きを良くしていくことが期待できます。

  • リンゴ

リンゴには腸の運動を活発にする作用があります。リンゴの皮の裏にはペクチンがたくさん含まれ善玉菌の栄養分になり善玉菌を増やしてくれます。また、ペクチンは水溶性食物繊維なので、便の水分を吸収し柔らかいうんちにしてくれます。

  • さつまいも

さつまいもには食物繊維が多く含まれます。この食物繊維が便中の水分を多く保持し、カチカチになりがちな便をやわらく、うんちが出やすくなります。

  • ココナツオイル

ココナッツオイルに含まれる「中鎖脂肪酸」は犬の腸を綺麗にして便秘を改善する効果もあります。腸内環境を綺麗にしてくれるので、犬の便秘対策に役立ちます。

  • 牛乳

牛乳には乳糖がおおく含まれているのであまりよくありませんが便秘解消目的で与える場合は10倍以上に水で希釈して与えて下さい

 

便秘でも病院に行った方がいいケース

 

便秘とともに嘔吐や震えがある

 

異物を飲み込んでしまい腸閉塞を起こしている場合があります。嘔吐も頻繁に吐く行為を繰り返す、腹痛があり背中を丸めてジッとして動かないようにしてる、ひどい腹痛の時は、震えますこのような症状の場合はすぐ病院へ連れて行きましょう。

しぶり腹

しぶり腹とは、何度もトイレのある場所に行き便を出そうとするのにうんちが出ない状態を指します。前立腺肥大、肛門嚢炎、腸重積などの病気が隠れている場合もあるので早めに病院で診てもらってください。

巨大結腸症

 

便秘が長引きうまくうんちができず、大量の便が溜まってしまうと、結腸の巨大化につながります。一生懸命踏ん張ってもうんちがなかなか出ない、排便回数が増える、硬い便とあわせて下痢っぽい水分がが少量出るなどの症状は病院で診てもらってください。

まとめ

たかが便秘ですがシニアになってくると特に気をつけなければと思います。

便秘は放って置けばそのうちに治ると放置したからといって、改善するものではありませんしね。

怖いのは便秘になることで腸内のうんちが水分を吸収してしまい、さらにうんちが出にくくなるという悪循環になってしまいます。

便秘が常習化すると、腸内環境がますます悪化しアレルギーや皮膚炎をおこす要因となります。犬でも人間でも健康には腸内環境を整えることがとても大切なのです。

普段から便秘がちな犬の場合、そのまま放置していると、大きな病気につながる可能性もあるようです。

飼い主さんは愛犬の毎日の排泄のチェックをしましょう。オシッコの色や量、回数、ウンチの回数や形状、質などの状況を毎日チェックして、大切な愛犬の健康寿命を守ってあげましょう。