犬との生活

愛犬はなちゃんシニアになってよだれが多くなってきた

今日のインスタに私の食べるリッツを欲しがってよだれまみれのはなちゃんの動画を投稿しました。食いしん坊で人が食べてるとすぐよだれたらしてガン見しますがシニアになってきてよだれの量が圧倒的に増えてきました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💓 はなちゃん12歳です ヨダレの量がハンパない… スタスタスタスタよだれてます🤤💦 昔はこんなことなかったのに あんちゃんは許容範囲😄💦 こんなことってあるんでしょうか? #ヨダレ女 #いつも親バカ全開ですみません #親バカ#犬#dogs #lab#labradorretriever #yellowlab#labrador #ラブラドール #ラブラドールレトリーバー #イエローラブ#大型犬のいる暮らし #犬好きさんと繋がりたい #犬なしでは生きていけません会 #はなこ12歳#あんこ8歳 #元気でいてくれてありがとう #かわいい#可愛いすぎる

はなことあんこ🌸さん(@tibigon)がシェアした投稿 –

シニア期になるとよだれが多くなる?

いただいたコメントではやはりシニアになってくるとよだれの量が多くなる傾向にあるようです。

人間でも老化が進むと眉毛とか耳毛とか爪が長くなるっていうけど、あれは歳をとったことで眉毛の『長さはこれくらい』っていう指令がうまく伝わらなくなってるっていうでしょ、あれと似たようなものじゃないかなぁ・・

『老犬になってお口のパッキンがゆるくなったから』とか『まだいいほう、家の子なんて水たまり作ってます』何ていうコメントもありました^^;

どうもラブのシニアさんあるあるのようですね。

心配なヨダレのケース

今から8年前あんちゃんを初めて家に連れてきてはなちゃんとご対面させた日にはなちゃんがよだれをポタポタたらして止まらなくなったことがありました。

クンクンニオイながらよだれが大量にでてしまいにはブルブル震え出してビックリしたのを覚えています。

私もわけが分からず小さいパピーのあんちゃんが食べられるんじゃないかと心配したほどw今まで見たこともないよだれでした。震えとよだれの様子を動画に撮って翌日病院へ連れていきましたが、その時には収まっていて何事もなかったかのように元気で

先生の話では『新しい子が来て興奮していたんでしょう』とのことでした。

口内炎や舌炎、歯ぐきの炎症や内蔵が悪くなったときのサインでもあるとのことなのでやはり注意して見てあげたほうがいいですね。

犬のよだれでお皿がぬるぬるになる?

犬のよだれってお皿につくと水で洗っただけではぬるぬる感が取れませんよね、あれってオクラとかのぬるぬる成分とおなじムチンの働きによるものだそうです、昔テレビで言ってました。

ムチンはもともと人の体の中にある成分のひとつで、タンパク質と糖類が結合したもの、唾液や涙、胃液等に含まれています。とても保水力が高いのが特徴で、目の表面を潤しドライアイを防いだり、また鼻や喉の粘膜を乾燥から守ることにより、ウィルスの侵入を防いでくれています。

また、胃の粘膜保護の作用もあるので、胃痛胃炎はもちろん胃潰瘍の予防や、うっかり傷付いてしまった胃粘膜の修復もしてくれているのです。

https://curaful.jp/topics/268より

ぬるぬる成分にもちゃんと意味があるようです。

フローリングについたよだれの掃除

よだれ成分のひとつでムチンの働きのためにぬるぬるしている犬のよだれですが、お皿をペロペロしただけでもすぐには落ちません。

これがフローリングにたれるとすぐ拭ければいいのですが見逃してたところなんかは跡がのこって掃除が大変になるのでなるべく見回りを怠らないようにする必要があります(笑)

フローリングの掃除にはスチームクリーナがオススメ

私はフローリングはモップで水拭きしています。月に一回くらいのペースでスチーム掃除機で熱消毒します。

スチームクリーナはフローリングの溝にハマってるであろう雑菌も熱で除菌できますし、犬たちがなめても無害であること、そしてなによりもサッパリきれになるのでよだれのフローリング掃除には超オススメです。(高級フローリングには向きません^^;)

まとめ

犬のよだれそのものは、虫歯予防になったり、口内を清潔に保つためにも必要なものなので唾液が少ないのも心配で唾液が多いからといって異常のサインではありません。量も個体差があります、あんちゃんははなちゃんの水たまりの半分くらいです。

ただ気をつけておきたいのは愛犬の体調がいつもと違う場合は病気のサインである可能性もあるのでいつもと違うよだれが続く場合は、動物病院で診てもらったほうがいいですよね。

犬 よだれ 多い今日のストーリーより