犬との生活

犬が大好きな「さつまいも」便秘にもいいって本当?

犬さつま芋便秘
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はなことあんこ🌸さん(@tibigon)がシェアした投稿

犬は甘みを感じることができるので人間が食べるスイーツなどもクンクンとほしがりますよね。犬もケーキやアイスクリームが大好き。

でも欲しがるままに与えては大切な愛犬の健康が心配ですよね。そんな時はさつまいもがおすすめ。

犬にさつまいもを与えることには何の問題もありません。さつまいもは自然の甘味で、ほとんどのの犬は喜んで食べます。

焼き芋や、家庭で蒸した芋だったら、完全無添加で安心なおやつになります。

そんなさつまいもに含まれている栄養素は、ビタミンC群やビタミンE群、カリウムや食物繊維などもたくさん含まれていて犬にとっても大事な栄養素ばかりです。

さて、そんなさつまいもですが犬に与える時少しだけ注意してほしい点があります。

犬にさつまいもをどれくらいの量与えたらいいのでしょうか?

さつま芋のおやつ鬼まんじゅうを待つはなことあんこ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はなことあんこ🌸さん(@tibigon)がシェアした投稿

栄養素も豊富で愛犬の身体に良い影響を与えてくれるさつまいもですが、一度に与えすぎると悪影響もあります。

サツマイモには炭水化物や糖分が多く含まれているのでカロリーも高いサツマイモは100gあたり約132Kcalあります。

これを毎日のようにたくさん食べてしまうと、愛犬の肥満につながります。

目安としては小型犬であれば1日20g程度だと言われています。1㎝角位に切ったさつまいもを2、3個程度でちょうど良いくらいです。

犬によって適量は変わってきますが、これ以上は与えない方が良いでしょう。

たくさん与えてしまうとドッグフードや主食を食べなくなる

さつまいもでお腹いっぱいにしてしまうと、ご飯やフードを食べなくなり、
栄養の偏りがおこる可能性もあります。

あくまでも、フードのトッピングとして、手作りごはんの材料として、
またはおやつとして少量を与えてください。

さつまいもの皮は犬にあげても大丈夫なの?

大学芋を皮ごと食べるはなことあんこ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はなことあんこ🌸さん(@tibigon)がシェアした投稿

 

皮の部分を与えても基本的に問題はありません。ほとんどの野菜や果物がそうであるように皮の近くになるほど栄養素が豊富に含まれていると言われていますので、実は、皮ごと与える方が栄養摂取としては有効的です。

しかし、ホクホクの実の部分よりも消化しにくいため、うんちを観察してみるとさつまいもの皮がそのまま出てくるときがありますので小さく切ってあげるとより消化しやすくなるのでおすすめです。

お腹のデリケートな犬には、皮は取り除く方が無難かもしれませんね。



さつまいもを生で食べてしまった!!

キッチンに置いてあったさつまいもを生のまま食べてしまってビックリ!でもあわてないで、さつまいもにはじゃがいもの芽のように毒素を持つ成分は含まれていないので生で食べてしまったからと慌てて病院に連れて行くことはありません。

しかし、いつも生のまま与えるというのはおすすめしません。と言うのも生のさつまいもは消化も悪くなりますので、嘔吐や下痢の原因になる可能もあるからです。

結論はさつまいもは皮ごとでも生で食べても基本的に問題はありませんが、消化の問題から、生であげるのはやめておく、皮は細かくしてあげるということになります。

犬 はさつまいもでアレルギーを起こしますか?

アレルギーには注意

ほとんどの犬は大丈夫ですが、食べてみなければ判らないというのは犬も人間も同じです犬によって体質も違いますし、もともとアレルギーを持っているか否かでも違います。

まれにお腹がゆるくなってしまったり、目が充血したり、嘔吐、下痢、湿疹、じんましん、腫れなどの症状が出ている場合はアレルギー反応といえます

まずは少量から与え、うんちの様子や耳や目の周り、背中などアレルギー症状が出ていないかを観察しながら、少しずつ量を増やしてあげましょう。

人間と同じで、まだ子犬の場合や成犬でも体調が悪い時に出てしまうこともあるので、アレルギー症状が出てしまったら獣医さんに相談しましょう。

犬は焼き芋を食べ ていい?

焼き芋を食べるはなことあんこ
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はなことあんこ🌸さん(@tibigon)がシェアした投稿

犬は焼き芋が大好きです。焼き芋の匂いにクンクンとよだれが止まりません、アレルギーや体調不良でなければもちろん焼き芋は食べられます。栄養価も高く添加物もない焼き芋はおやつに最適です。

(犬は猫舌でもあるのでアツアツをあげるのはやめてください)

焼き芋100gの栄養成分は下記の通り。

100g=163kcal

  • 食物繊維 3.5g
  • ビタミンE 1.3mg
  • ビタミンB6 0.34mg
  • カリウム 540mg
  • ビタミンC 23mg

さつまいもは芋類の中でもビタミンCの含有量はトップ!ビタミンは加熱してもほとんどが残りビタミンCは抗酸化作用による老化防止、免疫力アップなどの効果が期待できます。
積極的に与えたいおやつですが、カロリー高めなので与えすぎには注意してください。

犬が干し芋が大好きなんですが、あげても大丈夫?

焼き芋は大丈夫なら、干し芋はどうでしょう?もちろん犬も大好きですし、与えても大丈夫。

注意しなければならないのは干して栄養分も凝縮されるため焼き芋よりカロリーが高いということ。

干し芋100gあたりの栄養成分は下記の通り。

  • エネルギー 303kcal
  • 食物繊維 5.9g
  • ビタミンE 1.4mg
  • ビタミンC 9mg
  • カリウム 980mg

焼き芋と20gを干し芋で与えた場合…、小型犬であれば1日20gのさつまいもが適量としていますが、干し芋20gのカロリーは60.6kcalになります。
小型犬の場合ちょっと多めですね、干し芋12gで36.36kcal。他におやつをあげなければ12gぐらいがちょうどいいでしょう。
干し芋は自家製がベストですが、市販のものなら、無添加を選びたい。干し芋は保存もきくし、携帯にも便利なのでお出かけにもいいですね。

蒸した芋を食べるはなことあんこ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はなことあんこ🌸さん(@tibigon)がシェアした投稿

さつまいもで便秘予防する

食物繊維とヤラピンが便秘を予防するさつまいもの食物繊維は有名ですが、ヤラピンとはあまり聞いたことがありませんね。

さつまいもに含まれている成分で生のさつまいもを包丁で切ると切り口から白い液体が染み出してきます、これがヤラピンといわれる成分で糖脂質の一種ですが胃の粘膜を保護したり、腸の蠕動運動を促進する働きがあり便秘予防にとてもいいのです

さらにさつまいもには水溶性の食物繊維がたくさん含まれていますのでヤラピンと食物繊維のダブルパワーで便秘ぎみの犬には強い味方なのです。



犬の軟便や下痢気味にさつまいもがいい

さつまいもが便秘に良いことはご紹介しましたが、あくまでも適量を与えた場合です。

愛犬が大好きなでついたくさん与えてしまいがちですが、適量を越えると便秘や軟便、下痢になることもありますので注意してください。

生まれつきお腹の弱い犬も多いですし犬のお腹はデリケートで食べた物の質や量、
季節の変わり目でお腹を壊す犬もいるほどです。

食べ過ぎは下痢を引き起こす典型的な原因の1つですから、食べ過ぎには気をつけてあげましょう。

お腹を壊し気味で軟便だとか下痢をしているが、うんちの他は元気もあって食欲もあり緊急性はないようなら1食か、1日食事を抜いてみます。

そして軟便や下痢気味のときのおすすめの食材というのはさつまいもがおすすめです。少しづつさつまいもなどを与えてみて下さい。ウンチが固まってきます。

さつまいもは便秘予防にもなり、さらにお腹が緩い時に与える事によっていい状態の便に戻る事もあります。積極的に与えたい食材です。

まとめ

無添加で栄養価もたかいうえに愛犬が大好きなさつまいもですが、与え過ぎるとドッグフードを食べなくなるという可能性もありますので手作りメニューに上手に取り入れて食べさせてあげるか、おやつとして少量与えると良いでしょう。

犬は一度にもらうよりも同じ量で回数を多くしてもらった方が喜びますので、複数回に分けて与えましょう腹持ちも良いので少しでも十分満足感が得られるはずです。

さつまいもが美味しい季節にはワンちゃんと一緒にさつまいもを存分に楽しみましょう。

犬はカボチャが大好き
犬はカボチャが大好き!手作り食にトッピングとして重宝する作り置きレシピ 我が家のはなことあんこは手作り食です。毎回いちから作るのは大変なので週末に食材をあるていど下ごしらえしたものを作り置きしています...
犬はスイカを食べても大丈夫
はなことあんこはスイカが大好き♥犬はスイカを食べても大丈夫?我が家の愛犬はスイカが大好きです。夏になるとInstagramでもワンちゃんがスイカを食べる様子がたくさん投稿されていますね。 ...