犬との生活

愛犬の夏のお散歩は熱中症に細心の注意を!

愛犬の夏のお散歩は熱中症に細心の注意を

夏の散歩どうしていますか?

先日真夏並みに暑い日のこと、車で信号待ちをしていたら横のアスファルトの歩道を小型犬2頭を連れてお散歩させてる女の人がいました。

30度近い気温です、夏のアスファルトは50度近くにもなるというのに人間だってはだしで歩くことなんてできなません。その様子を見て本当に悲しくなってしまいました。

これから本格的な暑さに突入するわけですが、今日は真夏のお散歩で気をつけなければいけないことを調べてみました。

愛犬の夏のお散歩で気をつけたいこと

犬の夏のお散歩

我が家のはなことあんこは雨降り以外は必ず散歩にいきます。私の仕事終わってからなので5時以降ですが真夏になると5時ではまだ陽が照ってるし気温も高いのです。

日が落ちて薄暗くなる前の一時間くらいが散歩の時間です。それでもアスファルトはまだ温度が高いので畑のあぜ道を散歩させます。

犬達も暑いので道路から畑の脇の土のところを選んで通ってます。

愛犬の熱中症は散歩中にもなる

夏に一番気をつけなければいけないのが熱中症です、シニアになってくるとさらに注意が必要です命にかかわるからです。

犬が夏のお散歩で熱中症になりやすい原因は次の3つといわれます。

  1. 犬は熱を体の外に逃がしにくい
  2. 犬の体は地面から近い
  3. 犬の肉球は人間の裸足と同じ

ひとつづつ説明していきます。


犬は熱を体の外に逃がしにくい

熱くなれば体全身にある汗腺から汗を出すことで気化熱を利用して体温を下げることができる人間ですがワンちゃんにはそれができません。

ただでさえ全身を毛皮で覆わているのにワンコには私たち人間とは違い全身に汗腺がありません(汗腺があるのは肉球と鼻)

なので体の中をクールダウンするために舌を出してハァハァと息をして体温を下げようとしますよね。あまりにもハァハァが激しくて心配になるほどです。

このハアハアが追いつかなくなって熱を外に出すのが間に合わなくなると熱中症になる危険性があります。

犬の体は地面から近い

愛犬の夏のお散歩

夏の太陽光は、地面からの照り返しで間接的に温められます。人間よりずっと地面にちかい犬は、この照り返しをお腹にモロに受けることで体温が上昇してしまいます。

夕方になって涼しくなってきたから散歩も大丈夫かなと思っても油断はできません。夏の直射日光と照り返しの熱で、熱中症にかかってしまう危険性もあるのです。

犬の肉球は人間の裸足と同じ

人間でいう足の裏にあたるのはワンコの肉球です。暑いコンクリートやアスファルトの上を裸足で歩くことなんてできませんよね、ヤケドをしてしまうでしょう。

暑い日のコンクリートの温度は、50℃~60℃になる事もあるといいます。気温が下がっても地面には熱がこもっています。肉球のやけどと熱中症の危険性があります。


暑い日の散歩に無理は禁物

これらのことを考えると夏は朝早くか、夜になってからのお散歩にするのがいいでしょう。ハアハアがひどいようなら木陰で休憩をとったり、早めにきりあげるようにしましょう。無理をせず、短時間でも外の空気を感じることでワンちゃんも気分転換になります、絶対に無理は禁物ですね。

まとめ

去年夕焼けの時間帯に涼しくなったから大丈夫だろうと思って散歩しながら写真を撮ろうと地面に私が座ったときお尻が熱くてビックリしたことがありました。 

幸いにも私の住む場所は田舎なので散歩道があぜ道ということもあり、アスファルトの上をずっと歩くわけではありませんが、もっと気をつけなくてはと思いました。

年々、シニア度合いも増してくる我が家のはなことあんこです。若い頃よりも夏の暑さが応えるだろうと思います。

大好きな散歩は足腰の衰えを防ぐためにも欠かせませんがこれからの季節は熱中症に気をつけて散歩をさせなくては・・・と改めて思いました。