犬との生活

はなちゃんのハゲハゲは診断の結果【犬のマラセチア皮膚炎】だった

犬のマラセチア皮膚炎

はなこの子宮蓄膿症が完治してホッとしたら次は皮膚炎の治療です。

毎年恒例のマラセチアだろうとは思っていましたが今回は一気に広がってしまいました。そのストレスで子宮蓄膿症を発症したんじゃないかと反省中です。

今日は犬のマラセチア皮膚炎ってどんなものか?治療法やお薬はどんなもの?治療費は?というお話です参考になれば幸いです。

いつものマラセチアのつもりが大悪化!

昨日は子宮蓄膿症の検診の後で悪化した皮膚炎を診察してもらいました。

毎年暑くなってくるとマラセチアが発症するので先生もはなこを診てすぐマラセチアですねってことで検査はせず、目視だけ。

そもそも犬のマラセチアって何?

マラセチアって犬ではとても一般的な皮膚炎です。酵母菌(カビやキノコが仲間の真菌類の一種)が耳や爪で爆発的に増殖して、強いかゆみや皮膚トラブルや外耳炎を引き起こします。

そもそもマラセチアは正常な皮膚にもいる常在菌ですがそれが何らかの原因で皮膚の状態が悪くなったり、皮脂の分泌が過剰になったりして炎症や強い痒みを引き起こします

マラセチアの症状はどんなもの?

おもに皮膚炎や外耳炎ではなこの場合も最初は耳を痒がって後ろ足で耳をしきりにかきかきします。

今回はマラセチアシャンプーを怠っている間に一気に広がってしまいお腹まで脱毛してしまいました。急激にハゲハゲになっちゃって特に耳の裏、お腹、足で表面的には見えない部分です。

マラセチアは犬同士でうつるの?

そもそもマラセチア菌は常在菌なので犬同士でうつったりうつしたりすることはありません。はなちゃんがマラセチア皮膚炎がひどいならあんちゃんにもうつるかというとそんなことはありません。

犬のマラセチアは人間にうつる?

これもありません。はなちゃんと一緒に寝てますが私にうつるということはありません。

マラセチアの治療法は?

はなちゃんへの治療法は飲み薬、抗真菌剤と抗生物質が処方されました。かゆみ止めのステロイドは今回は断りました。

これはナゼかというと子宮蓄膿症の治療で抗生物質を2種類処方してもらっていた時にピタリとかゆみがなくなったようでカキカキしなくなっていました。

先生は、抗生物質が痒みを抑えていたというようなことをおっしゃっていました。

マラセチアのシャンプーをすることも指示されました

  • はなちゃんのマラセチア治療
  • 飲み薬 抗真菌剤
  • 飲み薬 抗生物質
  • マラセチアシャンプー

今回のマラセチア治療費は?

犬 マラセチア 皮膚炎

この診療明細書では子宮蓄膿症の超音波検査やあんちゃんの爪切りも文も入っていますが子宮蓄膿症だけの診察やお薬の代金は

  • 再診料 600円
  • 処方料 500円
  • 抗生剤 1300円
  • 抗真菌剤 3000円

※10日分

マラセチアは治療で完了したとしても、また再発します。マラセチアが増殖しやすい環境を作らせず、過剰なマラセチアを排除すること外耳炎になったら動物病院でしっかりと検査をしてもらって、原因に合わせた正しい処置をするようにしましょう