犬との生活

犬が怖がるもの我が家のはなことあんこの場合

犬が怖がるもの

最近は病院通いが多いはなことあんこですが、病院を怖がるワンちゃんは多いとききます。病院で痛い思いや怖い思いをしたトラウマがそうさせているのだと思いますが、はなことあんこは動物病院を怖がることはありません。

むしろいろんなニオイに興奮してしまってクンクンが忙しくてなかなかじっと大人しくしていられません。

今日は「わんちゃんホンポ」さんの記事を参考にいぬが怖がるものはなに?というテーマで書いていこうとおもいます。

いぬが怖がるもの5つ

犬には怖がりさんが多いようです、インスタグラムでフォローしているワンちゃんも雷のおに怯えたり、花火の音にハウスに逃げこんだり家具の隙間に顔を突っ込んで出てこないワンちゃんもいたり、見てる分には愛らしいのですが犬は真剣に怖がってます

犬の嗅覚や聴覚は人間よりも優れていますが、視力は弱いので警戒心が強くなってそれらの音に敏感に反応するらしいです。

花火を見に見にいって愛犬がビックリして迷子になる話は毎年、毎年たくさん聞くので花火大会の人混みだったり、花火が上がる爆音だったり思わず逃げようとするのでしょうが気をつけてほしいですね。

自分の愛犬が何を怖がるのか知っていることはとても大切です。かわいいワンちゃんにストレスを与えないように怖がるものをなるべく排除してあげましょう。

1.グレーチング

道の脇にある側溝のふたが鉄製のあみあみになっているのがありますが、あれを渡るときにとても用心してジャンプしますよね。

犬は嗅覚と聴覚で様々な情報を集めているので、あのグレーチングがかかった格子状の蓋には大きな穴があるように見えるそう。だからその上を渡るのを怖がるんですね、やっぱり我が家のはなことあんこもあの上はジャンプします。

小さなワンちゃんは無理にワンちゃんには避けられるなら恐怖感を味あわせてまで無理にふたの上を歩かせるのはやめたいですね。


続きは後ほど(*^^*)