犬との生活

はなちゃんシニア犬になってつまづいたり転ぶことが多くなってきました

犬 躓く、転ぶ

最近のはなちゃんは後ろ足がおぼつかなくなってきました。いつ頃からか後ろ足で立つことをしなくなって、今日も散歩中につまづいてビックリしました。

ちょうど動画を撮ってる時だったので決定的瞬間が私の叫び声とともに収められました。Instagramに投稿したのがこれです↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はなことあんこ🌸さん(@tibigon)がシェアした投稿

犬がつまづく、転ぶのはどんな理由が考えられる?

『犬がつまづく』『犬が転ぶ』などで検索したら獣医さん監修のサイトに考えられる病気の数々がこれでもかっていうくらい書かれています。

脳の病気や脊椎腫瘍、股関節疾患やヘルニアまで・・・読んでると恐ろしくなってくるのでスルーしましょう。

ナゼかというとはなちゃんはもともとのんびりさんでドジなところがある可愛い子なので老化とともにドジさ加減が目立ってきてるんだと思います。

それに近頃は子宮蓄膿症、マラセチア皮膚炎と病院通いが続いていていろんな検査もしてもらってるし足腰の弱りについても先生は『老化現象でしょう』で終わりでした。

病気以外で考えられることとは?

転んだりつまづく原因として考えられることとして取り上げられていたことは

滑りやすい地面である

例えばフローリングなど家の床が滑りやすいことで、こけたりつまずいたりすることがある。滑りやすいと犬の足や腰に負担がかかってケガや関節の慢性疾患のリスクが高まる。

今日はなちゃんが転んだ場所は小石がたくさんあって足場が悪いところでしたね~。いつも散歩する場所は小石ゴロゴロだからつまづくのかな・・?

爪や足毛が伸びている

爪や肉球の間の毛が伸びていると滑りやすい。

はなちゃんは病院で爪切りと足毛を切ってもらったばかりなのでこれも関係なさそう。

疲れている

運動や散歩のしすぎで足の踏ん張りがきかなくなってつまづいたり、転んだりする。

人間も急に走ったり歩きすぎたりすると踏ん張りがきかないのと同じですね。

老化現象

老化により筋力が低下して思ったように足をあげることができなくなるので、小さな段差にもつまずくようになります。そうなると倒れないよう踏ん張るので足に負担がかかり痛めやすくなる。

犬は下半身から筋力が落ちていくのでそれをかばうのに前足に負担がかかりやすくなり前のめりにつまずくことが多い。

視力の衰えにより障害物が見えにくいので転びやすい

これはすごい納得だー!確かに前のめりにつまづくこと多いです。下半身をかばうから前のめりにつまづくんだね。

老化現象というのが一番しっくりくる、人間でも歳をとると反射神経やバランス能力が鈍くなってくるんだもん、犬は人間の7倍も歳を取るスピードが早いのだからね。

 

犬も歩けば棒に当たる動画

はなちゃん他にもつまづいて転けそうになっているInstagramの動画ありましたふんばってるふんばってる(笑)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はなことあんこ🌸さん(@tibigon)がシェアした投稿

やっぱり視力も低下しているのかもしれません。

人間も老化すると何でもないところでつまづきますよねそれと同じかなと考えるようにしましょう。

はなちゃん12歳は人間でいうと89歳です。よろめくのも仕方ないか。

犬の年齢|人間でいうと何歳?ラブラドールはなちゃん12歳になりました!はなちゃん12歳になりました! 犬の年齢で12歳は立派なシニア、もうおばあちゃんワンコに入りますね・・ 12年間もずっと一緒に横に寄...
犬の老化現象
犬の老化現象についてラブラドールのはなこ12歳の行動愛犬がこれまでと違う行動をとってビックリしてしまうことありませんか? 我が家のラブラドールのはなちゃん12歳です。 12歳と...