犬との生活

犬の唇?はなちゃんのプニプニの唇みたいなのが気持ちよくて萌え

犬の唇

今日のInstagramのストーリーに『唇みたいなプニプニが気持ちいい』って書いて投稿しました(^^)たくさんのクイックリアクション、DMいただきありがとうございました。

このプニプニはやはり犬好きの間では萌ポイントみたいです。

犬 唇はなちゃんのくちびる

これは唇なの?

はなちゃんの唇はぽってりして大きめなんです、こんなふうに少し口を半開きにしているとプニプニのふちがギザギザぽっく突起しています。

口を閉じているときは人間の唇のようにぽてってしてプニプニで柔らかくて気持ちいいの、ここにチューするのがすきな変態母であります。

犬の唇って黒いけど意味はあるの?

これは先日のインスタ投稿です。唇みたいなプニプニを触ってるだけの動画。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はなことあんこ🌸さん(@tibigon)がシェアした投稿

 

「なぜ犬の唇は黒いんだろう?」常々疑問に思っていましたが、わかりませんでした。
最近、歯科医師会の資料にその答えが載っていましたのでお知らせします。

私と同じことを考えていたひとがいるんだなあとおもってみてたら。歯科医師会の資料に載っていたということから信憑性は高いとおもわれます。

白い歯のための黒いくちびる説。

① 白い歯を際立たせるためくちびるの部分が黒い説

オオカミや犬の唇が黒いのは白い歯を目立たせるためだと言われています

よくいわれているように犬は視力が弱くておもに白黒の明暗で判断しているので怒ったときに白い牙を際立たせ目立たせるため、白と黒のコントラストで今、俺は怒っているんだぞ!って怒りのサインとして機能しているのだそうです。

オオカミやイヌは鼻にシワを寄せて上の歯を見せることで「嫌い」のサインを出しています。

ちなみに下の歯を見せているときは好意を示しているのだそうです。犬同士でじゃれ合って歯を使う場合も、噛みつく場所はほっぺ付近だけですよね、そこは厚い皮膚と毛で守られ、傷つきにくいことを知っているからなんです。

② 歯ブラシの代わりという説


ヤフー知恵袋で見つけたので信憑性はイマイチかもしれませんが

哺乳類である犬は、母親のお乳をちゃんと飲めるように、唇が吸盤のようになっていて、お母さんのおっぱいにぴったり吸い付くようになっています。
また、唇の内側にある黒いヒダ。これは歯ブラシの役目を果たしています。 口を開けたり閉じたりすると、このヒダで歯の表面がこすれ、歯についた“食べかす”などを取り除く仕組みがあるのです。
野生で生きていくためには、動物の生の肉・内臓・骨まで統べて食するための強い“歯”が必要です。 大事なエネルギーを摂取するための“歯”がダメになってしまうということは、生きて行けなくなることと同じ。 ですから歯を守るこんな機能が備わっているのです。

唇の内側にある黒い突起状のこのびだが歯ブラシの役目を果たしていて 口を開けたり閉じたりすると、このヒダで歯の表面がこすれ、歯についた“食べかす”などを取り除く仕組みになっているとか。

こちらもそれらしいですね。野生で生きている時代は歯が命でしょうからねそのためにこのプニプニの突起が発達したのかもしれませんね。

今日のストーリーで反響が大きかったので犬の唇についてちょっと調べてみたら意外な解答でしたね、今は身近で家族のような存在になっているワンちゃんですが、その昔はオオカミの仲間で野生動物だったんですよね。

今、はなことあんこをどこかの山奥に放してさあ、自由になりなさいなんていってもすぐガリガリになっちゃうわね(笑)

その昔の野生で生きていく身体の機能のなごりが、唇のくろいプニプニだったんんです。お勉強になりました(^^)