ブログ運営

WordPressの編集画面(テキストエディタ)の長さを固定したい

またまた投稿画面の使いづらさを改善しました。

先日このキモいムカデに噛まれたときの記事を書きました。

↓↓ ↓↓ ↓↓

【詳細写真】ムカデに刺されたらどうなる?初期の処置を失敗し結果こうなったムカデの赤ちゃんに3回噛まれた(TT)  追記 2019/09/01 今年は大きいムカデはさっぱり見かけません...

 

文字も写真もたくさん使ったので当然ながら編集画面が長ーくなちゃったんですね

そんな時の困るのがプレビューを見る時にいちいち上のプレビューボタンまでの距離が長すぎてなんとかならないものかって思ったわけです。

 

WordPressの編集画面がながーく下に伸びるのを固定する方法

文字数も多くなってくると途中で画像も入れないと読みづらいし

そうしたら余計に編集画面は下に下に長くなります。

最後の方を修正しながらプレビュー見てさらに「下書きとして保存」を使うのだけど「下書きとして保存」を使うと毎回、投稿画面の一番上から始まるんですよね。

そしたらまた、マウスを持ってスクロールして一番下まで行って・・・

これが地味に面倒なんですよね、ですが投稿画面の大きさを固定化する方法がありました。

「最大行表示エディター」を無効にすればよいのです。

「最大行表示エディター」とは

 

デフォルトでは「最大行表示エディター」がオンになっていて、投稿画面に書いた文字多くなればそれといっしょに投稿画面がが自動で伸びていくようになっています。

 

 

デフォルト仕様だと伸びた投稿画面の上にいきたいときは、投稿画面の外のスクロールバーをいちいちマウスでうごかしてました、下書き保存やプレビューを使うときはいちいちマウスで上まで動かす、これが遠いんだよね・・

この「最大行表示エディター」機能をオフにすると、投稿画面の高さはテキストの量が増えていっても固定され、投稿画面の真横にスクロールバーが表示されるんです近い!

「最大行表示エディター」をオフにする方法

 

投稿一覧画面の右上にある「表示オプション▼」ををクリックしてみてください

「最大行表示エディターと集中執筆モード機能を有効化します。」にチェックが入っているのでOFFにします。

 

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

 

 

チェックを外すとの投稿画面の横にスクロールバーが表示されるようになり、投稿画面の高さはテキストの量が増えても固定されて、スクロールバーが真横に表示されるようになります。

 

投稿画面の高さを調節するには

 

「最大行表示エディター」機能をoffにしたので編集画面の大きさが固定されています

使いやすい長さに調節しましょう。

 

 

矢印のスライダーを調節して投稿画面の大きさを自由に決めてください。

こうすることで上にあるボタンまでの距離が近くなって使いやすくなります。

ストレスフリーでサクサク記事を書いていきましょう(^o^)