生活

YouTube再生速度を変更|早送り巻き戻し【忙しい人は要チェック】

YouTube再生速度巻き戻し早送り

YouTubeで動画を見るとき普通に再生していませんか?

我が家はテレビがないので毎日YouTubeを見ます。エンタメ系はほとんど見なくて主にブログ運営に関するコンテンツや画像加工や動画編集などのハウツー系動画が多いので普通に見るのははっきり言って時間の無駄なんです。

今日はYouTubeで動画を見るときに再生速度を上げて倍速で見たり、スローにしたり早送り、巻き戻し機能を使って時間を節約する方法をご紹介します。

YouTubeの再生速度を調節する方法

動きが激しい動画例えば、ダンス、ゲーム、スポーツなどの細かな動きを見たい時はスローモーションにして、それ以外のハウツー動画などを見るときは2倍速でみるというような使い方ができます。

YouTubeアプリを使おう

まず、前提条件としてYouTubeはアプリで閲覧しましょう。当然のことのように思うかもしれませんが、先日ちょっとビックリした出来事がありました。

職場の同僚とYouTubeやInstagramを見るときの話している時に何故か話が噛み合わずおかしいなぁ~と思ってよくよく聞いてみると

YouTubeやInstagramなどを見るときにわざわざスマホのブラウザから見てる人がいたんです。

iPhoneならサファリを開いてYouTube検索してそこから見る、InstagramならサファリからInstagramを開いて見るというように。

何故か理由を尋ねるとアプリの存在は知っているけど、わざわざスマホにアプリを入れるのが面倒くさい、さらにアプリを入れる必要性がわからない。ブラウザからでも見れるじゃんというわけ・・・

逆になるほど~と思いましたが(笑)これ、おばさん世代あるあるなんですよね。パソコンは詳しいけどスマホは苦手っていう人結構います(私もそうですが)アプリの概念がいまいち理解しきれてないみたい・・

すぐにアクセスできて便利だし、アプリにしか出来ない便利機能があるのよ。

動画の再生速度は自由自在

 

動画の再生速度は(0.25倍〜2倍速までの7段階)7段階に調整ができます。

再生速度の変更方法

YouTubeで動画の再生速度を調整したい時は、画面右上に表示される(点が3つ並んだ)メニューアイコンを使います。

YouTubeの再生速度を変更する方法

再生中の動画の画面タップして右上にある点が3つ並んだメニューアイコンが表示されるのでタップ

再生速度の項目をタップ

好きな再生速度をタップします
ゆっくりにしたり、速聴きにしたり、好みの速度で動画を視聴できます。

YouTubeで早送り、巻き戻しする方法

YouTubeを見てると聞き取れなかったりして動画をちょっとだけ巻き戻ししていって時ありますよね、そんな時に10秒巻戻し10秒早送りする小技をご紹介します。

iPhoneの向きは、縦/横どちらでも対応しています。

1. 動画を再生します

YouTube早送り再生

2. 10秒早送りするには画面の右側をダブルタップすると10秒早送りできますダブルタップするごとに10秒移動できるので20秒、30秒と自由に早送りすることが出来ます。

YouTube巻き戻し再生

3. 早送りと反対の画面の左側をダブルタップすると10秒巻戻しできます、ダブルタップするごとに10秒移動できるので20秒、30秒と自由に巻き戻しすることが出来ます。

もう一度見たいシーン聞き逃した場面など、自由に移動できるのでストレスなく再生できますね!

早送り、巻き戻し、倍速再生を駆使してYouTubeライフを楽しみましょう!

まとめ

昔、高いお金を出して音声の倍速機というのを購入したことがあります。

カセットテープの時代で自己啓発のテープを1.5倍、2倍速で聞くことで脳の働きがよくなるとかそんなものでした。確かにいつも2倍速で聞いていると普通の速度がとてもスローに感じるんですよね。

それ以来「AmazonのAudible」「オーディオブック」などの音声コンテンツはもちろんYouTubeも繰り返し見たり聞いたりするときは2倍速です。

なれると普通の速度で聞くのがまどろっこしく感じるようになります。YouTubeを見る時間が長いひとほど時間の節約になること間違いなしです。